本文へ移動

ハラール

日本ハラール管理者講習を修了いたしました

ハラールとは?

ハラール(HALAL)とは、イスラムの教え(シャリーア法とイスラム原理)で許された、「健全な商品や活動」のことの全般を意味します。ハラールとは、こうした安全な生活を示すためのガイドラインであり、イスラム教徒にとっては無くてはならない規準なのです。
ハラールは食品だけでなく、化粧品や医薬品、介護用品、金融など様々なサービスにも適用されます。

ハラール基礎知識

一番見つけやすいハラール食品は、実は機内食です。
機内食 ムスリムミール(in-flight muslim meal)を予約することができます。

日本では、ハラールを口にするものに対してのルールと勘違いをしている方が多いことから食品の産業と思われている場合が多いです。ハラールの関連産業とは食品からサービスを中心とした分野での幅広い産業にわたるものであり、近年日本でも注目されているイスラム金融も広義ではハラール産業の中に入ります。

近年の日本では、イスラム教徒の訪日観光(インバウンド)と日本製品の輸出(アウトバウンド)の両面で活発にイスラム圏との経済的関わりが注目されてきています。

ハラール対応レストラン

共栄産業は「京(みやこ)・食の安全衛生管理認証制度」の飲食店第1号として“食品の安心”には徹底的にこだわります。
TOPへ戻る