本文へ移動

安心・安全

地元を中心にした食材にこだわり
生産者様の顔が見える
新鮮で安全な食材を提供しております。

行き届いた衛生管理を徹底し、サービス向上につながっています。

食品を扱う企業として、衛生管理は何よりも重要な要素の一つです。
私共では、HACCPに準拠した独自の「衛生管理マニュアル」を全事業所に配備し、食材の仕入れから保管、調理、お客様にご提供するまで徹底的に管理しております。

※HACCP(ハサップ)とは・・・アメリカのNASAで、アポロ計画の際の宇宙食の安全性を確保するために発案された衛生管理の手法です。食品業界でも評価され、今では衛生管理の国際的な手法になっています。

日々の取り組み

私共では、従業員全員に「個人衛生自主管理点検表」を配布し、業務開始前に自身の体調・身だしなみ等のチェックを行っております。その他、「手洗い」、「厨房内温度」、「冷蔵庫内温度」、「料理の加熱時間」、「食材の中心温度」等、様々なチェックリストを作成し、お客様に安心・安全なお料理をご提供できるよう、日々努めております。

こだわりの現地調理

創業以来、お客様においしいお料理を召し上がっていただきたいという思いから、セントラルキッチン方式は導入せず、徹底して現地調理にこだわってまいりました。それによりお客様のニーズに合わせたサービスが可能となっており、「おいしい」「手作り感がある」「誰が作ったのかがわかるので安心して食べられる」と大変ご好評いただいております。また、調理してから提供するまでの時間が短くなることから、安全面での効果も大きく、弊社において非常に重要な要素となっております。

スマートミールへの取り組み

私共では、一部店舗において「スマートミール」の認証を目指し、スマートミールの基準に準拠したメニューを提供しております。

スマートミールとは

健康づくりに役立つ栄養バランスの取れた食事のこと。一食の中で、主食・主菜・副菜が揃い、野菜がたっぷりで食塩のとりすぎにも配慮した食事のことです。

1日に必要なカロリー摂取量は?

ランチ1食あたりのカロリーの目安は?

京(みやこ)・食の安全衛生管理認証制度

共栄産業はこの制度の飲食店第1号として"食品の安心"には徹底的にこだわります。
京(みやこ)・食の安全衛生管理認証制度とは
食品事業者の自主的な衛生管理を京都市が評価、認証することにより、一層の食品の安全確保を図り、食品に関する安心を提供することを目的として創設したものです。

たんとおあがり 京都府産 施設認定

府民のみなさまに地産地消の重要性を知っていただく拠点施設として、平成18年度から京都府産の農産物の利用と食文化等の情報発信を意欲的に行う病院・福祉施設、社員食堂を有する企業、大学、幼稚園・保育所等を「たんとおあがり 京都府産」施設として認定しています。
共栄産業は「京(みやこ)・食の安全衛生管理認証制度」の飲食店第1号として“食品の安心”には徹底的にこだわります。
TOPへ戻る